ビボログ!

Over40おじさんデザイナーの備忘録なブログ

テレビアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス 3』【第2話感想】狡噛慎也登場!常守朱は何をした?慎導篤志はインスペクター?

f:id:o40-designyu:20191102102142j:plain

 

テレビアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス 3』第2話!

 

第1話はいろんな人が登場して、いろんな事が起きて、メンタルトレースやらビフロストやら聞きなれない単語もいろいろ出てきて、僕の頭の中は大忙しだったけど、今回第2話はさすがに落ち着いて見…られなかった!

 

だってさ、我らのヒーローが登場したからさ!

 

では、いってみましょう。

 

※詳しい解説等は他の優秀な考察サイトさんにお任せして、ここでは僕の感想を自由気ままに垂れ流しておきます。

 

 

www.o40-bibolog.com 

 

 

 

予告 


『PSYCHO-PASS サイコパス 3』PV第2弾

 

 

  

あらすじ

偽装事故の手口をつかんだ一係は、マークしていたハイパー・トランスポート社の役員である与根原を追い廃棄区画を訪れる。スラム街出身の入江のツテで逃亡先を探り当てるも、到着時、既に与根原は死亡していた。主犯である同社顧問・些々河を追うため、霜月の命令を無視して有明空港に駆けつけた灼と炯だが、見知らぬ男たちに行く手を阻まれる。彼らは外務省行動課・狡噛慎也と宜野座伸元。些々河を逃したわけではない――灼が彼らの目的に気づいたその頃、機内では些々河が行動課により確保されていた。

事件解決後、某日。ホテルで転落死体が発見された。現場に急行した一係は、不具合の連鎖という点で、輸送機事故と似ていることに気づく。自殺か、それとも事故か。捜査のため、被害者の関係者であるアイドル政治家・小宮カリナに会いに行くが――。

(出典元:サイコパス公式サイト)

 

 

 

登場人物(声の出演)

公安局刑事課一係

慎導灼(梶裕貴)

公安局刑事課一係の監視官。24歳。

特A級メンタリストであり、高度な共感により精神的ボーダーラインを越境し追跡対象者になりきる。明るく飄々としていて、誰にでも物怖じしないポジティブな性格。過去の事件が原因で、父親の車でしか熟睡できない。

 

炯・ミハイル・イグナトフ(中村悠一)

公安局刑事課一係の監視官。24歳。

ロシア系移民の二世で帰化準日本人。幼少期は海外の紛争地帯で育つ。軍事訓練を受けており、格闘・射撃・解析技術に優れた元兵士。正義感が強く生真面目な性格だが、家族のことでは熱くなりやすい一面も。既婚者であり、妻は同じロシア系移民の舞子・マイヤ・ストロンスカヤ。

 

雛河翔(櫻井孝宏)

公安局刑事課一係の執行官。25歳。

一係の中では一番の古株だが、内向的で人付き合いが苦手な性格で、天馬や入江にはよく絡まれている。鬱病を患った経験から薬物依存になりドラッグバイヤーをしていたが、顧客が命を落としたことで潜在犯となる。元ホロデザイナーでもあり、その知識や技術を生かし捜査に貢献している。

 

廿六木天馬(大塚明夫)

公安局刑事課一係の執行官。55歳。

荒々しい性格で、やられたらやり返すファイタータイプ。他の執行官たちのリーダー的存在として振る舞い、配属される監視官を試すような態度を取る。

 

入江一途(諏訪部順一)

公安局刑事課一係の執行官。32歳。

馴れ馴れしく悪意ある軽薄さで人に接するが、優しい一面も持つ兄貴肌。

 

如月真緒(名塚佳織)

公安局刑事課一係の執行官。26歳。

他の執行官たちとも馴れ合わないクールな性格で、職務は適切に遂行するものの基本冷めたスタンスを取る。

 

唐之杜志恩(沢城みゆき)

公安局総合分析室の分析官。35歳。

情報収集・解析の面から刑事課一係の捜査活動をバックアップする。鑑識ドローン、高機能小型ドローン(通称ダンゴムシ)などを駆使し、ときには違法ハッキング行為を行うことも。執行官同様、潜在犯でもある。

 

霜月美佳(佐倉綾音)

公安局刑事課課長、統括監視官。24歳。

〈シビュラシステム〉の適性判断により、最年少で厚生省公安局に入局。刑事課一係の監視官として数々の難事件の捜査に関わってきたが、現在は刑事課を統括しており、現場からは一線引いている。

 

常守朱(花澤香菜)

元・公安局刑事課一係の監視官。28歳。

自らの信じる正義を貫き、過酷な事件をいくつも乗り越え一係をまとめていた。ある事件により、現在は勾留中の身となっている。

 

 

外務省行動課

狡噛慎也(関智一)

外務省行動課特別捜査官。36歳。

元・厚生省公安局刑事課一係の執行官。

海外へ逃亡し、傭兵として放浪生活を送っていたが帰国。

高い戦闘技術と強靭な肉体を誇り、元刑事らしい知性と正義感も持ち合わせる。

 

宜野座伸元(野島健児)

外務省行動課特別捜査官。35歳。

元・厚生省公安局刑事課一係の執行官。

冷静な判断力と観察眼、包容力で一係を支えていたが、現在はフレデリカのもと、主に国外に関する事件を追っている。

 

須郷徹平(東地宏樹)

外務省行動課特別捜査官。30歳。

元・厚生省公安局刑事課一係の執行官。

実直で生真面目な性格。外務省に籍を移し、宜野座らと共に国際犯罪に関する事件を追っている。

 

花城フレデリカ(本田貴子)

外務省行動課課長。36歳。

開国に向けた動きを予見し、外務省内に部隊を新設。

危険度の高い国際犯罪対策チームとして行動課を率いる。

 

 

ビフロスト

法斑静火(宮野真守)

〈ビフロスト〉のコングレスマン。32歳。

常に冷静沈着であり、その思考は柔和な笑みに隠され窺い知ることはできない。唯一の癒しは飼っている愛犬。

 

代銀遙熙(中博史)

〈ビフロスト〉のコングレスマン。77歳。

策謀を巡らせ、頭脳戦に興じる老獪な紳士。

新たに加わった静火の反応を楽しむ。

 

裁園寺莢子(田中敦子)

〈ビフロスト〉のコングレスマン。48歳。

浮世離れした妖艶な美女だが、その言動にはサディスティックな一面が垣間見える。

 

 

その他

梓澤廣一(堀内賢雄)

〈狐〉を使った事件のプランメーカー。46歳。

様々な肩書きを持つ、捉えどころのないニヒリスティックな中立者。

事件に迫る一係の前に次々と罠を仕掛けていく。

 

小畑千夜(矢作紗友里)

梓澤の協力者。23歳。

梓澤が設計した事件のサポートを行う優秀なクラッカー。仕事は適切かつ迅速に行うが、梓澤にはいつも口汚く悪態をついている。

 

(出典元:サイコパス公式サイト)

 

 

    

『PSYCHO-PASS3 サイコパス3』第2話感想

 

狡噛慎也登場!

 

第1話の大型輸送ドローン事故に見せかけた殺人事件が早々に解決されましたね。

 

というか、そんな事件解決なんかより(ちょっと失礼な文章)、もっと重大な事件が起きましたよね!ね!

 

第2話で早くもミスターサイコパス・狡噛慎也が登場しました!それも宜野座と共に!

 

突然登場したので、一瞬パニックになって、アニメ本編じゃなくてサイコパスBlu-rayのCMが始まったのかと思いましたよ。

 

狡噛と宜野座、カッコイイ2人が立ち並ぶと、画面が映えますねー。第1期から観ているサイコパサー(そんな言い方はしない)にとっては待ちに待った瞬間でしたね。もっと勿体つけて登場させるのかと思いきや、サラッと出てきてビックリ。

 

で、予想通り外務省に所属してましたね。外務省行動課って言ってました。狡噛は劇場版3部作Case.3で花城フレデリカに借りがあるから外務省にいるんだろうなぁとは思ってたけど、宜野座も外務省でしたね(これも予想通りだけど)。

 

Case.2でフレデリカに外務省に誘われた須郷も、当時は渋っていたけどちゃっかり外務省に所属していたし。狡噛、宜野座、須郷と優秀な執行官たちが金髪ナイスバディのフレデリカの魅力にヤラれてしまったということでしょうね(違う)。ま、霜月の元で働くより金髪ナイスバディのフレデリカの元で働く方がやる気が出るってもんです(違う)。

 

主要メンバーでまだ登場していないのは六合塚だけですね。女子なので金髪ナイスバディのフレデリカ(←しつこい)になびくとは思えないけど…いや、あるな。六合塚はありえるな(意味深)。ま、それは冗談として、第1期サイコパスから登場している古株メンバーなので、早く登場してもらって活躍を見たいところです。

 

 

 

大型輸送ドローン事故の幕引き  

 

ハイパートランスポート社の些々河と与根原がサブプライムローンの仕組みを利用して住宅バブルを演出し、不正に利益を得ていたと。その証拠を握った旭・リック・フェロウズが消されたと。そういうことでした。

 

いわゆる「リーマンショック(2008年)」の引き金になった「サブプライムローン」がここで出てくるとは…古いというか今さら感が拭えない展開でした。2120年の東京が舞台なので、もう少し今どき感を出して欲しかったのが本音です。

 

サブプライムローンの仕組みを悪用して利益を得ていたけど実は!…とか、この不正の裏には驚愕の真実が!…みたいな展開が今後あるのかないのか(ないと思います)。

 

でも、誰も何に加担しているのかわからず、その結果自分自身が大きな代償を払わされることになったリーマンショックと、大勢が事故原因の一部を担い、でも誰も全体像を知らないという大型輸送ドローン事故をリンクさせた展開は良かったと思います。

 

ま、とりあえず与根原は死に、些々河は行動課に逮捕されたので、大型輸送ドローン事故の件は一応幕引きになりました。

 

第1話で些々河は梓澤にセブンインスペクターって呼ばれていて(梓澤はファーストインスペクター)、この2人には何かしらの繋がりがあることは確定なので(名刺のデザインも一緒だし)、この逮捕をきっかけに今のところキーパーソンになっている梓澤に辿り着けるのか…ってとこでしょうか。

 

 

 

常守朱は何をした?

 

サイコパス3の主役は灼とイグナトフの2人なんだけど、物語の中心にいるのは常守朱で、そして常守朱の起こした事件が鍵になってますよね。

 

些々河の逮捕によって突破口が開けたのは常守朱の行動による成果だと、花城フレデリカは常守朱を評価していたり、でも霜月はその事件の話はしたくないと…霜月からしたら余程のショッキングな事件だったことを想像させたり、灼のパソコンのモニターに常守朱の写真入りで監視官緊急逮捕といったネット記事の見出しが映し出されていたり、常守朱本人がいずれ裁かれることを覚悟をしていたり。

 

もう、いったい何を知って何をやっちゃったの?常守朱は!?ってかなり気になります。そして、その事件の先に、灼とイグナトフがの追い求めている真実があるのかもしれないと思うと、ワクワクしてたまらないですね。

 

花城フレデリカはおそらく「ピースメーカー」という組織を追っているはずです。「ピースメーカー」にたどり着く第一歩になった常守朱の起こした事件の全貌を早く知りたいところです。(ホントいったい何をやったんだろう…常守朱は。)

 

 

 

慎導灼と炯・ミハイル・イグナトフが追う真実とは

 

何かの真実を追い求めている灼とイグナトフなんだけど、第2話で少しだけわかったことありました。

 

まずは、灼のパソコンのモニターに映し出されていたネット記事の数々。

 

「監視官緊急逮捕(常守朱の写真入りで)」「犯罪係数は認められず」「被害者実名公表」「死亡した乗客の数は50人以上」「難民によるテロ」「銃撃事件」「慎導篤志氏黒い疑惑(慎導篤志の写真入りで)」…などの見出しが確認できました。ロシアという言葉も記事の本文中に確認できました。

 

(これ、結構重要なシーンですよね。こういう今後の展開のヒントになりそうなシーンをほんの数秒間サラッと流さないで欲しいですね。映像を一時停止しないと読めないし、危うく見逃しちゃうところでしたよ。まったく。誰かのセリフや表情で何かを感じさせてくれる演出ならいいけど、重要なことをモニターで映す演出は正直しんどいっす…。)

 

さらに、灼は慎導篤志のキツネのイラスト入り名刺を持っていました(結構衝撃的事実!)。これは、慎導篤志もインスペクターだったということでしょうか。名刺には血のようなシミがついていたので、もしかしたらもう亡くなっているんでしょうか…。

 

そして、その後のシーンでイグナトフが言った「最後までやり遂げてみせるよ、兄さん」というセリフ。いったい何をやり遂げるんでしょうか…気になるひと言。

 

常守朱、慎導篤志、イグナトフの兄、開国、テロ、ロシア、キツネ…このあたりが灼とイグナトフが追う真実のキーワードになってきそうですね。

 

 

 

新たな事件発生

 

で、新たな事件も発生しました。

 

アイドル政治家・小宮カリナのメンタルケアスタッフ、土谷荒城という男がホテルから転落死したんです。自殺では…無さそうだけど。

 

灼と入江が事情聴取のために小宮カリナに会いに行くんですが、灼は小宮カリナのメンタリストとしての能力に気付くんです。彼女がメンタルトレースを出来るのかどうかまではわからないけど、少なくとも何かが見えるっぽいんです。

 

目の肥えたアニメファンの方々は、灼のメンタルトレースの能力と同等の能力を持つ人間の登場を恐れていたかもしれないけど…登場しちゃいましたね。

 

展開としては面白いとは思うんだけど、特殊能力合戦みたいに、どんどんサイコパスの世界観から離れていきそうでちょっと不安なんですよね。メンタルトレースという能力自体、個人的には受け入れ難いのに、2人目の特殊能力者が登場するのは、はっきり言って不安しかないです…。

 

そうそう。ホテル下の地面に突き刺さっている土谷荒城の転落死体を見て「犬神家かよ」ってツッコミを入れていた廿六木には笑えました(笑)。2120年の世界なのに犬神家の一族を知っているとは…廿六木は映画通とみた!(どうでもいい!)

 

できれば灼と入江の事情聴取に応じるときに、小宮カリナには顔にパックをした状態で登場して欲しかったなぁ。スケキヨかよ!っていうツッコミを入れたかった!(これもどうでもいい!)

 

 

 

今後の展開とまとめ

 

かなり重要なことが判明した第2話だったんだけど、狡噛慎也の登場が全てを持っていった感じでしたね。サイコパサー(2度目)は興奮したんじゃないですかね。花城フレデリカの元、狡噛・宜野座・須郷は外務省行動課として活躍してくれそうなので、灼とイグナトフに遠慮しないでバンバン登場して欲しいです。

 

そして灼の父・慎導篤志はインスペクターの可能性があったり、イグナトフの兄も何かの事件に関係してそうだし、常守朱の起こした事件の持つ意味は大きそうですね。

 

そして、まだいるであろうインスペクター謎の組織ビフロストがどのように物語に絡んでくるのか。そしてCase.3で花城フレデリカが言っていた「ピースメーカー」はいつ絡んでくるのか。いろいろわかったこともあったけど、謎も深まってきて、第3話も楽しみですね。

 

特殊能力者対決みたいなお寒い展開にならないことを祈ります。

 

 

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

ではまた。