ビボログ!

Over40おじさんデザイナーの備忘録なブログ

仮面ライダーゼロワン【第42話感想】イズ爆死、或人闇落ち。混沌が加速する!

f:id:o40-designyu:20200810151438j:plain

 

仮面ライダーゼロワン第42話。

 

イズが爆死して、或人が闇落ちする。

クライマックスらしく混沌とした展開をみせる最終章!

 

いやぁ、いろんな感情が湧いてくる印象的な回でした…。

 

では、40歳を過ぎた仮面ライダー大好きおじさんの感想垂れ流しにお付き合いください。

 

さあ、いってみましょう。

 

 

 

第42話あらすじ

ゼロツーと滅の共闘、さらに人間とヒューマギアの協力によって、アークは滅びた。しかし、アークが残した爪痕はまだ消滅してはいなかった。“人間が存在する限り、再びアークは蘇る”と信じる滅にとって、人類が滅ぼすべき敵であるということに変わりはなかった。一方、ZAIAエンタープライズ・ジャパンの社長・天津垓の元には、本国のZAIAから“新しい社長”と名乗る人物が現れる。彼の使命もまた滅を始末すること。ついに、滅率いるヒューマギアと人類の全面対決が始まろうとしていた。

(出典元:仮面ライダー公式ポータルサイト 仮面ライダーWEB)

 

 

 

或人の闇落ち

アークワンが姿を現したときに「これ、或人じゃね?」と、ピンときた人は多かったと思います。まぁ、あの場にいない人物を考えたら、変身者は或人しか考えられないんだけど。

 

それにしても、正義のヒーローが自分の意思であからさまに闇落ちするなんて…それも或人は闇落ちするようなキャラじゃなかっただけに、衝撃度は大きかったです。そして、闇落ちした或人を見て、何だか悲しくなっちゃいました…。

 

今思うと、或人の闇落ちは時間の問題だったような気がします。アークの力を宿したメタルクラスタを使えたのも、或人は知らず知らずのうちに悪意といいますか闇を抱えていたからこそなのかな、と。或人の身に降りかかった様々なネガティブなことが積み重なって、闇落ちしたのではないかと。イズの死は、あくまでも闇落ちするトリガーに過ぎなかったように思います。

 

唯一の身内である先代社長・是之助の死、突然の社長就任、わけもわからず仮面ライダーに変身、滅亡迅雷.netとの激闘、卑怯極まりない天津とのお仕事5番勝負に敗れる→飛電の社長を解任、アークに惨敗、立ち上げた飛電製作所が破壊…などなど、二十歳そこそこの若者がひとりで背負うにはかなりキツい人生だわ。そりゃあ或人だって闇を抱えるよ。

 

ぶっちゃけ、或人に寄り添った人間って、いないでしょ。或人の苦悩や葛藤を知っている人間は誰一人としていない。不破も唯阿も共闘はしたものの仲間とは言い難い。

 

或人の味方って結局イズだけだもの。そんなイズを失ったら闇落ちのひとつやふたつ、するよ。当然だよ。心が壊れたって仕方ない。

 

或人の甘っちょろい考え方や矛盾を感じる行動に批判的な思いが少なからずあったけど、イズの死によって我慢の限界値を超えて闇落ちした或人を責めることはできないよなぁなんて。

 

イズの死を目の当たりにして、或人の孤独が浮き彫りになりましたね。闇落ちした或人を見て、すっげぇ悲しくて切なくなりました。

 

アークワンの圧倒的な破壊力を見る限り、或人の闇は相当深いよ。

 

 

 

イズの死

そしてイズの死。或人の命を危険に晒さないために、ひとりで滅を説得しに行くイズの健気さには心を打たれましたよ。機密データが入っているので自爆するしかないイズの壮絶な最期には茫然としましたよ。

 

でもね、このイズの最期はちょっと性急過ぎるような気がしました。前回の或人と滅の共闘→アーク討伐の展開同様で、もう少し丁寧に描いて欲しかったところ。

 

イズが単独で滅を説得しに行く展開には無理があるような…。だって、殺されに行くようなものじゃない。シンギュラリティに到達したイズの感情的な行動だと取れないこともないけど、どうかな。やや乱暴な感じはする。

 

展開の流れの中での死ではなく、或人が闇落ちするためだけにイズの死は演出されたような、そんな風に見えなくもない。性急で唐突。話数が減った影響なのかもしれないけど、う〜ん…ちょっと残念。

 

人類滅亡を回避するために、イズがシミュレーションから導き出した答えが自らの死で、或人がアークとなることが必要不可欠だった、という展開にならないと、イズの死に納得はできないかなぁ。

 

 

 

与太垣ウィリアムソン…?

ザイア本社の人間と迅が繋がってたという真実…これはキツい。恐れていた新キャラ登場。残り3話でこれはないわぁ。裏で迅と繋がってたのはコイツだったのか!意外!ビックリ!みたいな人物を期待していたのにな…ガッカリ。

 

唯阿がザイア本社に天津とアークの関係を密告→アークを討つべく唯阿と迅が組むことになった、という流れでしょうか。妙に分かりあえていた唯阿と迅の関係性も納得ですな。

 

与太垣ウィリアムソン。う〜ん、重要な役どころなので、もう少し早い段階で存在をチラつかせて欲しかったな。あまりにも唐突。誰やねん!って思わず突っ込みたくなりました。

 

この盛り上がりを見せる終盤のタイミングで、新キャラの与太垣ウィリアムソンを登場させるのなら、ザイア本社の人間ではなく財団Xの人間であれ、とか思っちゃいました。その方が闇が深くなりそうじゃない。今後の「仮面ライダーの世界」という大きな括りの中での展開に広がりができそうで良かったのになぁ、なんて個人的には思いました。

 

 

 

今後の展開

悪意がある限りアークは存在し続ける、という完全に無理ゲー状態の最終局面。この世の中、悪意が無くなることは絶対にないですからね。悪意と共存していく世界をどう描くのか。こりゃあ、落とし所が難しいぞといった感じ。

 

アークとなった或人をみんなで止めて大団円へ、という流れなんでしょうか。それとも悲劇的なラストを迎えるのでしょうか(それは…ないか)。

 

さぁ、残り3話でどのような決着を見せるのか。不安ではありますが、不安ではありますが、素晴らしいエンディングを迎えることを期待しています。

 

おしまい。

 

 

 

www.o40-bibolog.com

 

www.o40-bibolog.com

 

www.o40-bibolog.com

 

 

www.o40-bibolog.com

 

www.o40-bibolog.com

 

www.o40-bibolog.com

 

www.o40-bibolog.com

 

www.o40-bibolog.com

 

www.o40-bibolog.com

 

www.o40-bibolog.com

 

www.o40-bibolog.com

 

www.o40-bibolog.com

 

www.o40-bibolog.com

 

www.o40-bibolog.com

 

www.o40-bibolog.com